一般企業の資金の流れをわかりやすくご紹介

一般企業の資金の流れをわかりやすくご紹介するサイト

経営者の立場で

一般に、会社の監査役制度は、意義や内容が失われつつあり形ばかりのものになって問題になりました。
本来は取締役の職務執行を監査します。
監査役選任され、取締役の職務執行に違法性がないかをチェックする業務監査と、株主総会に提出される会社の計算書類等を会計監査します。
監査役の監査報告書の提出義務があります。
監査役には、取締役に対する請求や行使権限があります。
しかし実際には、監査役の立場からは代表取締役への発言力もなく、取締役会における監査役選任の適用などのサラリーマン的発想でしかありません。
社内での馴れ合いなども要因となり、正しい監査は行われるはずもありません。
監査役が監査をして、社内の余計なものは一切見ないようにして金庫に置いている現金を数えて確認するだけなら、その報酬は詐欺のように思われるでしょう。
選任された取締役も監査役も悪いことをしないのが当然です。
会社の経理は、主に出納業務や記帳業務や集計業務の、数字に関わる業務です。
財務は、会社の財務状況などから資金調達や予算編成や資金運用などを計画実施します。
会社の新規事業への投資や資金調達を立案した際に、金融機関の選定や調達方法や期間などを具体的に決めます。
会社の規模では、小組織で取締役や監査役の直轄部門になることもあります。
財務部門の知識と判断力と、金融機関との折衝力が不可欠です。
経理部門とも連携しながら、キャッシュに注力して資金調達の有利な方法を最適に考えます。

型にはめるのは難しい

会社の経営方針には耳を傾けましょう。 ビジネスのことは勉強してきたつもりでも、実際の会社の動きと知識がうまくつながっていない人も多いはず。 会社に興味を持つことが肝要です。 会社創業からのやり方が先行しているケースも多いです。 プランニングの準備の前段階だと認識してみましょう。

資金調達と金融商品

会社が金融機関などに融資を受ける場合は、期間や金利のことも関係します。 有利な条件で、金融機関などから融資などを受けることを考えていくのであれば、知識に加えてコミュニケーションスキルを上げて総合的な折衝能力が必須です。 ビジネスにおける感性を鍛えることも必要です。

財務の役割を支える

会社のデータの環境整備を担うことでは、細やかな配慮が、功を奏します。 財務のデータ管理について、分析データが様々に活用できるよう配備した環境を整えていれば、上司が会議等で分析資料によるプレゼンテーションができます。 データ構築などからシステム部門とも効率化や確認の簡略化などを遂行することも任務です。