一般企業の資金の流れをわかりやすくご紹介するサイト

型にはめるのは難しい

資金調達の考え方

会社が、新規事業立ち上げや事業拡大などに伴う工場や倉庫の拡大等に際して、大掛かりな資金調達が必須になることがあります。
新規事業のための工場設備の新築や、新たな製品を製造するための最新機材や最新鋭設備とそれに伴う土地や建物、機械などを調達する資金のことです。
また事業拡大による工場スペースの増床や機材の増設が必要になり、そのための資金調達は準備段階から大変な作業です。
工場が動いていない期間などは入金がなく、経費支払いのための資金調達が必須です。
業種によっても変わります。
建設業などは工事を開始してから入金がされるまで長期間かかり、その期間の運用資金を維持することが必要です。
資材費や人件費などの支出を計画し、金利も含めて資金調達しなければなりません。

買掛金と売掛金

会社のキャッシュとは、手元の現金や普通預金、当座預金などを言います。
新商売に関わる商品代や材料の仕入金や倉庫にかかる費用が必要な場合も、在庫が増えるほど資金を確保しなくてはならず、財務部門としては資金調達の手法が重要になります。
事業でキャッシュを確保する方法も必要です。
仕入先への買掛金の支払い時期によって、手形等を用いて支払いまでの期間を引き延ばすなどして確保しておくこともあるようです。
大手企業など、取引量が多いほどメリットが大きくなります。
そして、回収する売掛金を得意先から早く会社に支払ってもらうことによるメリットも大きい。
方法論は多数あっても、キャッシュを確保する有効な方法です。
キャッシュに強い会社になることも重要です。
商品の仕入先や得意先も同じ状況であり、通常からの信用関係が大切です。