一般企業の資金の流れをわかりやすくご紹介するサイト

資金調達と金融商品

出資

資金調達の方法には、返済することを必要としない出資と、返済が必要な金融機関からお金を借り入れる融資があります。
出資については、多額の出資者に会社の経営権を持たれることになり、配当金として還元することになります。
起業の際には、出資を募ったり、自己資金を投入することもあります。
自己資金で会社を起こすことが望ましいのは、借入とは違い長期にわたる金利の心配もないからです。
自己資金であれば会社に自由に資金を使えるとは言っても、資金額の問題が出てきます。
資金が少ないとデメリットが大きくなります。
他の会社の出資などの方法の場合は、大きな資金を確保できるメリットがあっても出資者に経営権を押さえられ創業者の自由は望めないでしょう。

融資

一般に、融資を受けるための方法は、銀行や信用金庫などの金融機関から借り入れをすることです。
大手銀行の場合は各地に支店も多く利用が楽というメリットがあります。
銀行に借り入れをする場合は、起業の際には審査が難しい可能性があります。
また金利の負担が大きいことを忘れてはいけません。
個人事業としての企業であれば、親せきや知人からの借り入れをするケースもあります。
借り易くても、借入の返済次第で信用を失い、大変なリスクがあります。
日本政策金融公庫や地方自治体からの融資もあります。
トータルに考えて資金調達などを専門家の税理士などに相談しながら進める選択肢もあります。
会社の事業拡大などの資金調達の場合は、会社のメインバンクなどに相談します。